初めての歯石除去は緊張とは裏腹に痛みも無く完了

日々念入りに歯磨きを行っているつもりでも、気が付かないうちに磨き残しが歯と歯の隙間や歯肉との間に溜まってきてしまうもの。その多くは年月が経てばやがてザラザラとした感触の歯石となって歯の表面に姿を現してきます。
同じ歯石でも比較的厚みがあり、また歯の側面近くに張り出している物に関しては意外と自力でも除去が可能なケースが多く、私もその様な気になった歯石は固い爪の先等を器用に使い、コリコリと引っ掻き外していたものでした。
ただ自力で安全に除去出来る歯石はその様な好条件が重なった時のみであり、歯肉との間、いわゆる歯周ポケットと呼ばれる部位に近く歯に沿ってベッタリ付着している歯石に関しては手の施しようが無く、しばらく悩んだ末、最も安全な歯科クリニックでの除去を選択する様になったものです。そんな時、ちゅらトゥースホワイトニングを使うことで汚れは落とせるかもしれません。

始めの頃は頻繁にその手が浮かんだもののあまり積極的にはなれないものでした。というのも、歯科クリニックに行けば半ば自動的に歯科検診を受ける羽目となり、ただ歯石を除去してもらえればOKだというのに虫歯を見付けられ、その流れで痛い治療に持ち込まれる事が嫌だったからです。
子供の様な理由とは言え、やはり大人にとっても歯科治療は不安や恐怖の対象である事に変わり無く、その時点で痛みは一切無いとは言え不安は非常に高かったのは事実でした。
覚悟を決めて最初の歯石除去を受けに近くの歯科クリニックを訪れた際、やはりというか、予想通りの歯科検診が始まりました。ちょっと覚悟は決めていたものの、検査の結果は喫緊に治すべき虫歯は全く見当たらず、この面においてハードルをクリア出来た事で私にひとまず大きな安心感を与えてくれました。
ただ本題の歯石除去については結構手間が掛かるらしく、少なくとも2段階の施術が必要との事。今回は歯肉の外側に出ている歯表面の歯石をまず除去し、次いで歯周ポケット内に溜まってしまった歯石を丁寧に除去してゆくとの事。また事前に歯周ポケットの深さをチェックしてもらい、歯周病のリスクが高い歯の部位も指摘してもらいました。
ちゅらトゥースホワイトニングは歯をキレイにするだけではなく、歯の黄ばみも落としてくれるのです。
歯石の除去は専用のスケールや水圧で吹き飛ばす機器を使い分け、1本1本丁寧に行ってくれました。初回はともかく、2回目となる歯周ポケット内の歯石除去に関しては歯肉に機器等が接触する痛みを心配したものですが、その時は別途歯肉表面に塗るタイプの軽度の麻酔を施してもらったおかげで、全く痛みを感じずに全ての施術を完了させる事が出来たのです。
これで一応全ての歯が綺麗にクリーニングされた訳ですが、半年後に定期健診を受けるべきとのアドバイスを受け、ようやく解放され帰宅の途につく事が出来ました。とりあえずは全ての歯が異常無く綺麗になった事を喜ぶべきでしょう。今後は余分な歯石を溜め込まない様より丁寧にブラッシングしようと心に決めたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です