親知らずの抜歯についてとても耐えられなくなってしまった

昨日、親知らずの歯を抜きました。
先週の夜辺りから、物凄く歯が痛み出し、とても耐えられなくなってしまい痛み止めを飲んで急場を凌ぎましたが朝になり歯科医院に予約を取りました。
幸い、来て頂ければ先生が空き次第治療をしてくれるの事で30分程待ちましたが歯の治療を受ける事が出来ました。
先週の段階では歯に薬を塗って落ち着かせ、またレントゲンを取って今後の診療方針を説明してくれました。
適切な処置のお陰で親知らずを抜く前日まで痛みは殆ど出ずに安心して過ごす事が出来ました。
そして、親知らずを抜きました。
診療時間に1時間は掛かると言われていたので流石に疲れたのと治療中に麻酔を打ちはしたものの、やはり右の頬はしばらく腫れてしまうとの事でした。
しかし、今後親知らずの痛みで悩まされる事は無くなったので気持ちとしてはとても安心しています。
今後は親知らずを抜いた周辺の歯の予後を見るのと、もう一箇所虫歯を発見してしまったので、その歯の治療に時間を割く予定です。

今回は初診から抜歯までスムーズに行きましたが数年前に別の親知らずを抜く時はとても苦労しました。
何故ならば、その時は歯の左下の真横、更に神経に食い込むように生えてしまっていた為、今よりも更に強烈に痛みが強く処置が難しかったのです。
現在、治療に掛かっている歯科医院では最適な治療を行えないとの事で都内の大きい病院に紹介状を書いてもらい、そこで検査を重ねて手術をした程です。
その当時の手術時の歯や頬の痛みは今でも思い出したくない程でした。
人生で最も痛い体験を幾つか挙げろと言われれば間違いなく、この手術の体験を語るでしょう。
まず麻酔を3,4本打ってから処置に入るのですが前述の時と違って、効きはするのですが神経にまでは麻酔が及ばなく、また治療器具自体が神経に触る時がありました。
その時の痛みは電気ショックでも受けたのでは無いかと思うくらい強烈なもので思わず眉を潜めて声も出そうな程でした。
また無理な位置にある歯をへし折るためにバキンとかベキンとか怖い音も何回もしたので手術中は本当に生きた心地がしませんでした。
その経験が有ってか先週から現在治療中の親知らずは、やはり痛い時は耐え難い程痛くなったのですが治療を始めれば、すぐに痛みからは解放され抜歯の直後の腫れの痛みを我慢すれば良いので安心感は大きいです。
親知らずの生え方には運が絡むようで比較的簡単に処置が済む時とそうでない時があるようです。
もし抜けるので有れば悪化しない内に出来るだけ早く抜いた方が良いと私個人としては思います。

虫歯でも親知らずでも歯の痛みは我慢強い人でも耐え難いものだと思います。
出来るだけ歯を大切にしていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です