初めての歯石除去は緊張とは裏腹に痛みも無く完了

日々念入りに歯磨きを行っているつもりでも、気が付かないうちに磨き残しが歯と歯の隙間や歯肉との間に溜まってきてしまうもの。その多くは年月が経てばやがてザラザラとした感触の歯石となって歯の表面に姿を現してきます。
同じ歯石でも比較的厚みがあり、また歯の側面近くに張り出している物に関しては意外と自力でも除去が可能なケースが多く、私もその様な気になった歯石は固い爪の先等を器用に使い、コリコリと引っ掻き外していたものでした。
ただ自力で安全に除去出来る歯石はその様な好条件が重なった時のみであり、歯肉との間、いわゆる歯周ポケットと呼ばれる部位に近く歯に沿ってベッタリ付着している歯石に関しては手の施しようが無く、しばらく悩んだ末、最も安全な歯科クリニックでの除去を選択する様になったものです。そんな時、ちゅらトゥースホワイトニングを使うことで汚れは落とせるかもしれません。

始めの頃は頻繁にその手が浮かんだもののあまり積極的にはなれないものでした。というのも、歯科クリニックに行けば半ば自動的に歯科検診を受ける羽目となり、ただ歯石を除去してもらえればOKだというのに虫歯を見付けられ、その流れで痛い治療に持ち込まれる事が嫌だったからです。
子供の様な理由とは言え、やはり大人にとっても歯科治療は不安や恐怖の対象である事に変わり無く、その時点で痛みは一切無いとは言え不安は非常に高かったのは事実でした。
覚悟を決めて最初の歯石除去を受けに近くの歯科クリニックを訪れた際、やはりというか、予想通りの歯科検診が始まりました。ちょっと覚悟は決めていたものの、検査の結果は喫緊に治すべき虫歯は全く見当たらず、この面においてハードルをクリア出来た事で私にひとまず大きな安心感を与えてくれました。
ただ本題の歯石除去については結構手間が掛かるらしく、少なくとも2段階の施術が必要との事。今回は歯肉の外側に出ている歯表面の歯石をまず除去し、次いで歯周ポケット内に溜まってしまった歯石を丁寧に除去してゆくとの事。また事前に歯周ポケットの深さをチェックしてもらい、歯周病のリスクが高い歯の部位も指摘してもらいました。
ちゅらトゥースホワイトニングは歯をキレイにするだけではなく、歯の黄ばみも落としてくれるのです。
歯石の除去は専用のスケールや水圧で吹き飛ばす機器を使い分け、1本1本丁寧に行ってくれました。初回はともかく、2回目となる歯周ポケット内の歯石除去に関しては歯肉に機器等が接触する痛みを心配したものですが、その時は別途歯肉表面に塗るタイプの軽度の麻酔を施してもらったおかげで、全く痛みを感じずに全ての施術を完了させる事が出来たのです。
これで一応全ての歯が綺麗にクリーニングされた訳ですが、半年後に定期健診を受けるべきとのアドバイスを受け、ようやく解放され帰宅の途につく事が出来ました。とりあえずは全ての歯が異常無く綺麗になった事を喜ぶべきでしょう。今後は余分な歯石を溜め込まない様より丁寧にブラッシングしようと心に決めたのでした。

定期的にちゅらトゥースホワイトニングと歯のクリーニングをするとよい理由

以前虫歯の治療をした際に詰めていた詰め物が急に取れてしまい、困ってかけこんだのが、今お世話になっている歯医者さんです。詰め物の治療は2-3回で終わったのですが、せっかくなので歯科検診を行っていただくことになりました。

 歯科検診を行う前は、特に歯が痛かったりなどの不安に思うような症状もなかったのですが、一つ見落としているものがありました。それが歯周病です。一見問題のない口腔状況に見えても、また、特に自覚症状がなくても、歯周病が進んでいることがあります。歯周病は、歯周病菌という菌によっておこる病気です。歯周病菌は、歯と歯の間の汚れや歯石、歯と歯茎の間などにひそんでいます。この菌によって歯茎が腫れたり(歯肉炎)、歯の周りの骨がとかされ、進行すると歯を失う原因ともなります。確かに初期ではこれといった自覚症状は感じられにくいのですが、見た目にわかりやすい症状はあります。歯茎が赤くはれていたり、歯茎から出血しやすくなったり、また歯の周りの骨がとけることで起こるのですが、歯茎がさがるといった状況に気づいたら、歯周病を疑ってみてもよいかもしれません。ちゅらトゥースホワイトニングを買ってみたおかげでこのような綺麗な歯になる事ができました。

 残念ながら、一度下がってしまった歯茎が上がることはありませんし、歯周病を根治することはできないのですが、歯周病の進行を止めることはできるようです。大切なのは初期の段階で歯周病治療を受け、そのあとの状態をキープしていくことになります。歯周病の治療としては、最近の塊であるプラークを除去することが第一です。そのため、プラークの住みかとなりやすい歯石を除去することが基本治療といわれています。普段の歯磨きできれいに磨かれているようにみえる歯でも、歯と歯の間だったり、歯と歯茎の間であったり、あるいは奥歯や歯の裏側など、歯ブラシが適切に当たりにくい箇所は歯石が多くついていたりします。歯医者さんでは、その古くなった歯石を機械なども使って丁寧に除去してくれるわけです。ただし、歯周病菌やその他のプラークが非常に多い状態であった場合は、内服薬をすすめられることがあります。クラミジアの治療薬としても知られるクラリスなどを処方されることがあります。効き目の強い薬なので、頻繁に使用することはできませんが、効果は大きいです。

 しかし、治療でせっかくきれいになったお口の状況もその状況をキープしていかないことには、効果がありません。油断して歯石が付き始めると、また歯周病菌が活動を再開してしまうわけです。そこで、大切になってくるのが、歯科検診によるメンテナンスというわけです。やはり、自分で取れる歯石には限度があります。そこは、歯医者さんと上手につきあっていくことで、定期的に歯のクリーニングをすることで、歯周病の進行をくい止めることができるのではないでしょうか。
やっぱりちゅらトゥースホワイトニングを使ったメリットが大きかったのでしょう。