歯を白くピカピカにして清潔感をゲット!ホームホワイトニングジェルの効果

社会人2年目の頃、出勤の準備をしていた時です。右の奥歯が痛い!今までこんな痛かったことはなくて、直ぐに会社に遅れる旨を連絡し歯医者に直行しました。実はこの右の奥歯、大学生の頃からに虫歯があることはわかっていました。しかし痛みなどは全然なく、元々歯医者は好きじゃないこともあってずっと放置してたのです。

ホームホワイトニングジェルで歯を白くピカピカに!

段々悪化して虫歯で歯が欠け始めて「やばいな・・そろそろ歯医者にさすがに行かなきゃ・・」と思い始めた頃にこの痛み!結局神経を抜かなきゃいけない程に悪化していました。歯が痛むと何をするにも心ここにあらず・・ご飯もおいしく食べられない・・で、歯は大事にしなきゃいけないと言われてますが、本当にそうだな!と身にしみて感じました。今では定期的に歯の検診に行っています。

私は幼い頃から歯が弱く、医者に虫歯にかかりやすい歯であると忠告されていたことを母親から聞きました。母は私を心配し、幼い頃は付きっきりで歯磨きを手伝ってくれました。おかげで幼稚園の頃までは虫歯が一本もありませんでした。すべて母のお陰です。

ところが小学生になり、母の目が届かないようになると、私は歯磨きをサボり始めました。そのせいで小学二年生の時に初めて虫歯になりました。それからは虫歯とはつきつつかれずの関係です(笑)
高校生までは毎年の歯科検診のおかけで虫歯になってもそこまで大事には至りませんでしたが、大学生になり、検診とも無縁になると虫歯はどんどん進行していきました。幸い、何もしていなくても痛いという経験はないのですが、食べ物を食べたときに痛みを感じるようになったので、就職を機会に虫歯を治してから社会人になろうと思い立ちました。

でもこれが失敗の始まりだったのです。私は歯医者が嫌いです。(あまり好きな人もいないとは思いますが…。)なるべく歯医者に長居したくなかったのと、待つのがイヤだったので、予約が取りやすい地元でも有名な空いてる歯医者を選んでしまったのです。案の定、お店は空いていたので、予約はほぼ自分がとりたい時間にとれました。飛び込みで行っても待つことはほぼなく、すぐに見てもらえたので満足していたのです。

 

しかし、どうやらその評判通り、歯医者の腕は相当悪かったようです。後に別の歯医者に行って気がつきましたが、治療の際、相当な痛みを伴いました。必要以上に歯を削ったらしいことが後の歯医者で判明したのです。
この治療を終えて10日後、私は就職をしました。ところがその3日後、治療してもらった歯の銀歯が取れてしまいました。あんなに通ったのに、あっという間に取れてしまった歯医者への不信感と、入社すぐの忙しさで、私は欠けた銀歯をそのままにしてしまったのです。

 

歯を大切にしなければならないのは誰でも一緒ですが、特に歯を白くするという事は見た目の部分でも非常にメリットが大きいです。

ホームホワイトニングジェルを使うことで、歯を白くすると同時に虫歯になりづらく美しい歯を手に入れることができるのは間違いありません。

ホームホワイトニングジェル公式サイトではその具体的な方法についても詳しく書かれているので参考にしてみると良いでしょう。

異変が起きたのは銀歯が欠けて3ヶ月後のことです。定食屋で唐揚げを食べているときに妙な違和感を覚えました。唐揚げと一緒に歯が欠けてしまったのです。早く治しておけばよかったと思った時には後の祭り。新たに別の歯医者にいって告げられたのは、高価な差し歯を入れる提案でした。歯が抜けたときになぜ早く歯医者に行かなかったのか、今でも後悔の念が絶えません。それ以来、医者を決めるときの重要性や、違和感を感じたときにすぐに治療に向かう大切さを知ることができました。この反省を活かして同じ失敗をしないようにしたいです。

中学生くらいから虫歯にならずに大人になりましたが、数年前に久しぶりに虫歯になり歯医者のお世話になりました。
何となく、左上の奥歯の辺りが痛いなぁと感じていましたが、子どもが小さかったので歯医者に行くのが大変でしたし、放っていたら痛みがなくなったのでその時は歯医者には行きませんでした。
しかし、数ヵ月後にまた同じところが痛み出したのです。

2回目ともなり流石にこれは診てもらった方がいいなと思い、丁度近くにキッズスペースもある歯医者があったので行きました。

痛んでいた奥歯は親知らずで、案の定虫歯になっていました。
私はずっと親知らずが生えていないと思っていたので、虫歯よりも先に親知らずの方に驚きました。
幸いにも、虫歯があるのが必要のない親知らずのみだったので、治療はせず抜くだけになりました。
処置の前に機械を使って歯の状態を見てもらいましたが、元々口の中に食べ物以外を入れるのが苦手なので、思わず嘔吐をついてしまいました。

その後すぐに処置してもらえるのかと思いましたが、初日は歯石を取るだけでした。

歯石を取るのは初めての経験でしたが、歯を抜くよりも痛かったです。
数日後に歯を抜く処置をしたのですが、これが5分もかからずあっという間に終わったのです。

知り合いも同じく親知らずが虫歯になっていて抜いてもらったらしいのですが、その方は時間がとてもかかり痛かったらしいので、私は運が良かったのかもしれません。
無事に虫歯を抜いてもらい安心しましたが、今まであったはずの歯がなくなってしまい、慣れるまでは口の中がずっと気持ち悪かったです。

これを機に、今まで以上にしっかりと歯を磨こうと思いました。
そして、次にもし歯に異変を感じた時はすぐに歯医者に行こうと思います。

子どもの時に虫歯になった時に、歯医者が嫌で泣きわめいていたら、治療の時に緑の網で体を固定されたことを、今でもはっきりと覚えています。
なので、子どもにはそんな嫌な思いをさせたくないので、小さい頃からしっかりと歯磨きの習慣を身につけさせたいと思います。

しかし、現実はなかなかそう上手くはいかず、歯磨きの時間になると逃げ回ったり、仕上げ磨きをさせてくれなかったりします。
虫歯になると痛い思いをするのは自分だよ、と何度も言いますがなかなか効果が表れません。

私の歯医者に一緒に行き治療を見ていた息子は、歯医者は初めてでしたが恐いところとかんじたのかが気になります。
まだ2歳前だったので覚えていないかもしれません。

親知らずの抜歯についてとても耐えられなくなってしまった

昨日、親知らずの歯を抜きました。
先週の夜辺りから、物凄く歯が痛み出し、とても耐えられなくなってしまい痛み止めを飲んで急場を凌ぎましたが朝になり歯科医院に予約を取りました。
幸い、来て頂ければ先生が空き次第治療をしてくれるの事で30分程待ちましたが歯の治療を受ける事が出来ました。
先週の段階では歯に薬を塗って落ち着かせ、またレントゲンを取って今後の診療方針を説明してくれました。
適切な処置のお陰で親知らずを抜く前日まで痛みは殆ど出ずに安心して過ごす事が出来ました。
そして、親知らずを抜きました。
診療時間に1時間は掛かると言われていたので流石に疲れたのと治療中に麻酔を打ちはしたものの、やはり右の頬はしばらく腫れてしまうとの事でした。
しかし、今後親知らずの痛みで悩まされる事は無くなったので気持ちとしてはとても安心しています。
今後は親知らずを抜いた周辺の歯の予後を見るのと、もう一箇所虫歯を発見してしまったので、その歯の治療に時間を割く予定です。

今回は初診から抜歯までスムーズに行きましたが数年前に別の親知らずを抜く時はとても苦労しました。
何故ならば、その時は歯の左下の真横、更に神経に食い込むように生えてしまっていた為、今よりも更に強烈に痛みが強く処置が難しかったのです。
現在、治療に掛かっている歯科医院では最適な治療を行えないとの事で都内の大きい病院に紹介状を書いてもらい、そこで検査を重ねて手術をした程です。
その当時の手術時の歯や頬の痛みは今でも思い出したくない程でした。
人生で最も痛い体験を幾つか挙げろと言われれば間違いなく、この手術の体験を語るでしょう。
まず麻酔を3,4本打ってから処置に入るのですが前述の時と違って、効きはするのですが神経にまでは麻酔が及ばなく、また治療器具自体が神経に触る時がありました。
その時の痛みは電気ショックでも受けたのでは無いかと思うくらい強烈なもので思わず眉を潜めて声も出そうな程でした。
また無理な位置にある歯をへし折るためにバキンとかベキンとか怖い音も何回もしたので手術中は本当に生きた心地がしませんでした。
その経験が有ってか先週から現在治療中の親知らずは、やはり痛い時は耐え難い程痛くなったのですが治療を始めれば、すぐに痛みからは解放され抜歯の直後の腫れの痛みを我慢すれば良いので安心感は大きいです。
親知らずの生え方には運が絡むようで比較的簡単に処置が済む時とそうでない時があるようです。
もし抜けるので有れば悪化しない内に出来るだけ早く抜いた方が良いと私個人としては思います。

虫歯でも親知らずでも歯の痛みは我慢強い人でも耐え難いものだと思います。
出来るだけ歯を大切にしていきたいものです。

ホワイトニングジェルを使う前に親知らずの歯を4本抜いた話。

以前、奥歯に4本親知らずがありました。
歯ブラシではなかなか届きにくく、いつも食べ物が入り込みやすいため、口臭の原因にもなって困っていました。
どの歯が虫歯になっても、抜いたことは人生で一度もなく、しかも4本もあるため、気になりながらも毎日過ごしていました。
ある日、下の親知らずの歯の付近歯茎が赤く腫れあがり、食べることも困難になり、治療する事になりました。
歯を上手に抜く先生がいるという噂の歯医者があり、友人も、同じ意見でしたので、虫歯治療というより、4本抜く覚悟で歯科医院に行きました。
やはり歯科医院の先生も、歯を見るなり抜くことを進めてきました。
ただし、歯を抜く前に、まず、歯茎の炎症を治療した後でないと抜いてはいけないとの事で、抜くのは1週間ごとなりました。
1週間後、まず下の歯2本を一気に抜くことになりました。
麻酔はそれほど痛くもなく、治療が始まりました。
耳から聞こえてくる、ドリルのようなすごい騒音と振動に驚き、そっと目を開けてみると、先生は片足をテーブルに伸ばしふんばり、汗をいっぱいかきながら、ペンチのような器具を使って歯を抜いていました。
奥歯なので、唇の端が切れてしまいそうな感覚があり、早く抜いてほしくてたまりませんでした。
しかし、自分の歯はかなり頑丈のようで、治療中、先生に、「あなた、カルシウム豊富な食事をいっぱい摂られているようだね。何人も親知らずを抜いてきたけど、あなたの歯は、簡単に抜けそうにないから、もう少し、口を開けるのを頑張ってね」と声をかけられました。
先生の言われる通り、下の歯を2本抜くのに1時間くらい経過したと思います。
抜いた後、舌で触れてみると、ぽっかりと穴が開いていました。
最後に、開いた穴を糸で縫い、ひとまず終了しました。
親知らずを抜くと、かなり腫れあがり、何日か食事がとれないと覚悟をしていましたが、不思議とそれほどの痛みもなく、腫れもありませんでした。
下の歯が落ち着いて抜糸をした後、次は上の2本の歯です。
歯を抜く前に、レントゲンを見せられ、上の親知らずは、2本ではなく3本あり、その3本目の歯は歯茎に小さく埋もれているから気にしなくてもいいけれど、余裕があれば、一緒に抜きますと言われました。
しかし、下の歯の治療同様、上の歯の治療もかなりの時間がかかったため、3本目の歯茎内にある歯は、抜かれることなく、そのままにされました。
治療後、4本あるうちの1本の歯を、記念にということで、歯の形のケースに入れて、もらいましたが、その歯は、本当に立派な歯で、根が深そうな歯でした。
親知らずを抜いて、現在6年経ちましたが、口臭がなくなり、また食べ物が詰まることもなく快適です。
親知らずを抜いて、本当に良かったと思っています。

親不知の治療に行って痛みがあるというわけではないけど

現在35歳なのですが、親不知があります。痛みがあるというわけではないのですが、『必要のない歯である』ということを聞きましたので抜いてしまおうと思い歯医者に治療に行ったのです。
これまで歯医者に行くことはほとんどなく、高校生の時に一度行ったきりでした。親不知の治療はとても痛みの伴うものだと聞いていましたので、内心ドキドキしていました。
名前を呼ばれ治療室へ。まずはレントゲンの撮影をすることになりました。歯医者のレントゲンは初めてだったのですが、とても驚きました。歯医者に慣れてない僕からするとハイテクな感じで、何かSF映画の世界に入り込んだようにさえ感じました。
レントゲン撮影の結果、医師から言われたことは『なかなか簡単には抜けないよ』ということでした。
僕の親不知は歯茎の中で根っこが広がってしまっていて、上から引っ張ったとしてもその根っこが歯茎に引っ掛かって抜けないということだったのです。
ゾッとしました。ただでさえ痛みの伴う治療と聞いていたのに、なかなかの曲者だったのです。
治療としては、まず親不知の上部をカットし、歯茎の中にある根っこを2つに割り、片方ずつ根っこを歯茎から引き抜いていくという治療になるそうです。
僕は歯医者に行ったらそのままその場で抜いてもらえるものだと思っていたので、想像以上に大変な治療になると聞かされてショックでした。
でも知人や友達からよく聞くのが『レントゲンも取らずに歯を抜いた』ということ。さすがに親不知を抜くとなるとレントゲンの撮影は絶対なのかもしれませんが、何も知識のない僕からすると、そのままレントゲンも撮らずに抜くということになってもそのまはま口を開いていたと思います。もしそんなことになっていたらと思うだけで恐怖でした。
結局、僕の親不知は手術になるということでその歯医者では治療することは出来ませんでした。
あれから半年以上が経ちますがまだ治療はしていません。治療の仕方を聞いて臆病になっているということもありますが、今のところ痛みもありませんので『まだ大丈夫だろう』とたかをくくっている状態です。
昨年、親戚が親不知を抜いて入院していたということを先日聞きました。歯医者に行ってパパッと抜いてしまえるものだと思っていた親不知。痛みが出てきてからでは遅いと思うので、近々治療の手続きを始めたいと思っています。今年中にはこの親不知ともお別れ出来るかなと思います。
そして、定期的に歯医者で歯の健康状態をチェックしてもらうことも考えています。

初めての歯石除去は緊張とは裏腹に痛みも無く完了

日々念入りに歯磨きを行っているつもりでも、気が付かないうちに磨き残しが歯と歯の隙間や歯肉との間に溜まってきてしまうもの。その多くは年月が経てばやがてザラザラとした感触の歯石となって歯の表面に姿を現してきます。
同じ歯石でも比較的厚みがあり、また歯の側面近くに張り出している物に関しては意外と自力でも除去が可能なケースが多く、私もその様な気になった歯石は固い爪の先等を器用に使い、コリコリと引っ掻き外していたものでした。
ただ自力で安全に除去出来る歯石はその様な好条件が重なった時のみであり、歯肉との間、いわゆる歯周ポケットと呼ばれる部位に近く歯に沿ってベッタリ付着している歯石に関しては手の施しようが無く、しばらく悩んだ末、最も安全な歯科クリニックでの除去を選択する様になったものです。そんな時、ちゅらトゥースホワイトニングを使うことで汚れは落とせるかもしれません。

始めの頃は頻繁にその手が浮かんだもののあまり積極的にはなれないものでした。というのも、歯科クリニックに行けば半ば自動的に歯科検診を受ける羽目となり、ただ歯石を除去してもらえればOKだというのに虫歯を見付けられ、その流れで痛い治療に持ち込まれる事が嫌だったからです。
子供の様な理由とは言え、やはり大人にとっても歯科治療は不安や恐怖の対象である事に変わり無く、その時点で痛みは一切無いとは言え不安は非常に高かったのは事実でした。
覚悟を決めて最初の歯石除去を受けに近くの歯科クリニックを訪れた際、やはりというか、予想通りの歯科検診が始まりました。ちょっと覚悟は決めていたものの、検査の結果は喫緊に治すべき虫歯は全く見当たらず、この面においてハードルをクリア出来た事で私にひとまず大きな安心感を与えてくれました。
ただ本題の歯石除去については結構手間が掛かるらしく、少なくとも2段階の施術が必要との事。今回は歯肉の外側に出ている歯表面の歯石をまず除去し、次いで歯周ポケット内に溜まってしまった歯石を丁寧に除去してゆくとの事。また事前に歯周ポケットの深さをチェックしてもらい、歯周病のリスクが高い歯の部位も指摘してもらいました。
ちゅらトゥースホワイトニングは歯をキレイにするだけではなく、歯の黄ばみも落としてくれるのです。
歯石の除去は専用のスケールや水圧で吹き飛ばす機器を使い分け、1本1本丁寧に行ってくれました。初回はともかく、2回目となる歯周ポケット内の歯石除去に関しては歯肉に機器等が接触する痛みを心配したものですが、その時は別途歯肉表面に塗るタイプの軽度の麻酔を施してもらったおかげで、全く痛みを感じずに全ての施術を完了させる事が出来たのです。
これで一応全ての歯が綺麗にクリーニングされた訳ですが、半年後に定期健診を受けるべきとのアドバイスを受け、ようやく解放され帰宅の途につく事が出来ました。とりあえずは全ての歯が異常無く綺麗になった事を喜ぶべきでしょう。今後は余分な歯石を溜め込まない様より丁寧にブラッシングしようと心に決めたのでした。

定期的にちゅらトゥースホワイトニングと歯のクリーニングをするとよい理由

以前虫歯の治療をした際に詰めていた詰め物が急に取れてしまい、困ってかけこんだのが、今お世話になっている歯医者さんです。詰め物の治療は2-3回で終わったのですが、せっかくなので歯科検診を行っていただくことになりました。

 歯科検診を行う前は、特に歯が痛かったりなどの不安に思うような症状もなかったのですが、一つ見落としているものがありました。それが歯周病です。一見問題のない口腔状況に見えても、また、特に自覚症状がなくても、歯周病が進んでいることがあります。歯周病は、歯周病菌という菌によっておこる病気です。歯周病菌は、歯と歯の間の汚れや歯石、歯と歯茎の間などにひそんでいます。この菌によって歯茎が腫れたり(歯肉炎)、歯の周りの骨がとかされ、進行すると歯を失う原因ともなります。確かに初期ではこれといった自覚症状は感じられにくいのですが、見た目にわかりやすい症状はあります。歯茎が赤くはれていたり、歯茎から出血しやすくなったり、また歯の周りの骨がとけることで起こるのですが、歯茎がさがるといった状況に気づいたら、歯周病を疑ってみてもよいかもしれません。ちゅらトゥースホワイトニングを買ってみたおかげでこのような綺麗な歯になる事ができました。

 残念ながら、一度下がってしまった歯茎が上がることはありませんし、歯周病を根治することはできないのですが、歯周病の進行を止めることはできるようです。大切なのは初期の段階で歯周病治療を受け、そのあとの状態をキープしていくことになります。歯周病の治療としては、最近の塊であるプラークを除去することが第一です。そのため、プラークの住みかとなりやすい歯石を除去することが基本治療といわれています。普段の歯磨きできれいに磨かれているようにみえる歯でも、歯と歯の間だったり、歯と歯茎の間であったり、あるいは奥歯や歯の裏側など、歯ブラシが適切に当たりにくい箇所は歯石が多くついていたりします。歯医者さんでは、その古くなった歯石を機械なども使って丁寧に除去してくれるわけです。ただし、歯周病菌やその他のプラークが非常に多い状態であった場合は、内服薬をすすめられることがあります。クラミジアの治療薬としても知られるクラリスなどを処方されることがあります。効き目の強い薬なので、頻繁に使用することはできませんが、効果は大きいです。

 しかし、治療でせっかくきれいになったお口の状況もその状況をキープしていかないことには、効果がありません。油断して歯石が付き始めると、また歯周病菌が活動を再開してしまうわけです。そこで、大切になってくるのが、歯科検診によるメンテナンスというわけです。やはり、自分で取れる歯石には限度があります。そこは、歯医者さんと上手につきあっていくことで、定期的に歯のクリーニングをすることで、歯周病の進行をくい止めることができるのではないでしょうか。
やっぱりちゅらトゥースホワイトニングを使ったメリットが大きかったのでしょう。